SAKトークン(SAKURA/サクラ)は、無数のメタバース惑星を探索できるブロックチェーンゲーム「SAKURA」で稼げる仮想通貨です。

SAKURAは約200倍もの価格高騰を実現したThe Sandboxと同じサンドボックスゲームであり、第二のThe Sandboxとして期待が寄せられています。

SAKトークン(SAKURA/サクラ)のプレセールは終了しました。

こちらのSAKトークン(SAKURA/サクラ)日本語版サイトからお申込みされた方限定で、NFTとSAKトークンのプレゼントがあります。

もし特典を受け取っていない方は、

  • 購入したKOLサイトのリンク
  • ウォレットアドレス
  • 購入枚数

こちらのLINE公式アカウントまでお送りください。

\プレセールは終了しました/
SAKトークン(SAKURA/サクラ)

当ページでは、SAKURA(サクラ)および独自トークン「SAKトークン」について、日本語でわかりやすくご紹介します。

SAKトークンの購入方法をクリックすると、プレセール購入方法(操作方法)図解解説の部分にジャンプします。購入方法のみが知りたい方はジャンプしてください。

なお、以下のSAKURA日本KOL公認各種SNSではプレセール情報を含むSAKトークンの最新情報を発信していますので、フォローと登録をお願いします。

 \SAK購入検討なら友だち登録必須/
SAKトークン(SAKURA/サクラ)

\最速サポート返信はこちら/SAKトークン(SAKURA/サクラ)

\公認インフルエンサー作成動画を紹介/

SAKトークン(SAKURA/サクラ)とは自由にメタバース空間を構築・探索・収益化できるBCG

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)はSAKURAメタバースと呼ばれるメタバース空間において、バトルや資源収集、土地のレンタルなど様々な手段で稼げるブロックチェーンゲームです。

世界的に愛されているサンドボックスゲームであるマインクラフトや、NFTゲームとして急成長したThe Sandboxのようにボクセルエディターを使って建物を自由に創造できます。

SAKURAにはSakura NFTとSakura Land NFTの2種類のNFTが用意されており、より効果的に稼ぎたいプレイヤーをサポートします。

2022年8月現在、ゲームのα版がリリースされている段階であり着実にプロジェクトが進行しています。

なお8月18日におこなわれたプレセールでは、40万ドル相当のSAKトークンがわずか6分で完売しました。

次回のプレセールは8月24日18:00(日本時間)から開催されます。

4,300万円を超える取引高をもつNFTコレクション「AzukiArt」が運営

AzukiArt

SAKトークン(SAKURA/サクラ)は、確かな実績をもつNFTプロジェクト「AzukiArt」が運営しています。

AzukiArtは「和」をモチーフとしたNFTコレクションであり、自然の風景や建物によってヒトの横顔を幻想的に表現しています。

OpenSeaにおけるAzukiArtの実績はこちらです。

  • オーナー数:1,100人
  • 総取引高:168ETH(2022年8月現在:約4,300万円)
  • 最低購入価格:0.01ETH

さらにTwitterのフォロワー数は約6万人であり、Giveway企画では2,000件以上のリツイートを獲得しているほどの人気を誇っています。

SAKURAは、高い取引高を達成しているNFTコレクションAzukiArtによって運営されているため、今後の展開に期待が寄せられています。

SAKトークン(SAKURA/サクラ)の将来性が高いと断言できる7つの根拠

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)の今後の価格は高騰する可能性をもっており、将来性を期待されている仮想通貨です。

その客観的な理由は次のとおりです。

  • すでに成功事例があるメタバースBCG
  • 大手仮想通貨取引所への上場が決定
  • 国家規模のクライアントをもつVCとパートナー提携
  • 大手メディアへの掲載による投資家への認知
  • SAKURAのアクティブなSNSユーザー
  • 多様性に富んだ無限のメタバース空間
  • 史上最大レベルのP2Eゲームとしての「稼ぎやすさ」

1つずつ詳しく解説していきます。

SAKトークンの高い将来性①すでに成功事例があるメタバース×サンドボックス型BCG

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)は、すでに成功事例をもっているメタバースとサンドボックスの要素を兼ね備えたゲームです。

同様のBCGで例をあげると、Land NFTが話題となった「The Sandbox」やGala Gamesが開発している「Mirandus」があります。

The SandboxはSAKURAと同じようにボクセルエディターを使って想像のままに空間を構築できるBCGです。

そしてThe Sandboxが発行しているSANDは、2021年1月~12月のわずか1年の期間で約5円から1,000円と200倍以上の価格高騰をみせました。

これほどの高騰をみせた理由は、The Sandboxのようなサンドボックスゲームの拡散性にあります。

サンドボックスゲームはYouTubeでも爆発的な人気を誇っており、同ジャンルの代表作、Minecraftのチャンネル登録者数は966万人にもなります。

想像力を活かして建物を建てたり自由にプレイできる多様性があるからこそ、プレイヤーの動画配信に需要が集まっているようです。

つまり同じサンドボックスビデオゲームであるSAKURAも、動画媒体を通して盛り上がりをみせる公算が極めて高いです。

SAKトークンの高い将来性②大手仮想通貨取引所への上場が決定

SAKトークン(SAKURA/サクラ)は、中央集権型取引所に上場することが決定している仮想通貨です。

詳しい上場先に関しては運営上の兼ね合いで公表できませんが、1SAKトークンあたり0.028USDTで上場する予定です。

とはいえ、いまでは世界各地で500以上の仮想通貨取引所が運営されています。

取引所名は公開できませんが、認知度が低い取引所に上場しても価格高騰の期待値は大きくありません。

しかし取引高ランキング30位圏内、かつ多くのユーザーを抱えていて高い認知度を誇る取引所なら話は別です。

昨今、分散型取引所に上場する草コインが多いなか、SAKトークンは厳しい審査や協議がおこなわれる中央集権型取引所に上場します。

上場が決定しているSAKトークンの信頼性は取引所が担保しているため、上場後に価格を上げるシナリオは着実に進んでいます。

SAKトークンを上場価格よりも安く購入できるのはプレセール期間だけなので、詳細を見逃さないようにしましょう。

SAKトークンの高い将来性③国家規模のクライアントをもつVCとパートナー提携

SAKトークン(SAKURA/サクラ) AtlasCapital

SAKトークン(SAKURA/サクラ)は、Web3.0のスタートアップ企業を支援するAtlas Capitalとパートナーシップを提携しています。

Atlas Capitalは2016年に設立され、現在ではドバイ・ロンドン・上海に拠点をおき、複数の国で事業を展開しているVCです。

さらにAtlas CapitalはUAEの副大統領兼首相である、シェイク・ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム殿下が設立したドバイ・ブロックチェーンセンターとの提携も果たしています。

以上のように、国家規模のクライアントをもつAtlas CapitalがSAKトークンを発行するSAKURAをバックアップしてくれます。

BCGの開発には莫大な費用が必要となるため、多くの新規プロジェクトが資金調達に悩まされている現状です。

しかしSAKトークンの開発の背後にはAtlas Capitalがいるため、将来性が手堅い銘柄だといえます。

\SAK購入検討なら友だち登録必須/
SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークンの高い将来性④大手メディアへの掲載による投資家への認知

Yahoo!

SAKトークン(SAKURA/サクラ)は、インターネット関連サービスを提供する大手企業Yahooを含む、30以上のメディアに特集されている注目のプロジェクトです。

YahooのほかにSAKトークンを取り上げたメディアの一例は次のとおりです。

  • BENZIGA

BENZINGA

 

  • Times Online

TIMES ONLINE

 

  • FOX47

FOX47

 

  • ABC News18

NEWS18

 

  • apnews

AP NEWS

 

見覚えあるメディアが名を連ねていますが、なかでも金融テクノロジーも取り扱っているBENZIGAの影響力は多大といえます。

BENZIGAは世界の金融市場に関するニュースや解説、さらに分析を含むオンライン記事を毎日50~60記事公開しているメディアです。

さらに投資家や金融関係者向けにさまざまなサブスクリプションサービスを提供しており、月間のユーザー数は約1,000万人にもなります。

つまり、投資や金融リテラシーが高いユーザーにSAKトークンが紹介されているということです。

以上のようにSAKトークンはメディア戦略にも多くのリソースを割いているため、すでに多くの投資家に認知されている可能性が十分にあります。

販売を開始したSAKトークンが価格を高騰させるのは、もはや時間の問題なのかもしれません。

SAKトークンの高い将来性⑤SAKURAのアクティブなSNSユーザー

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)はゲームリリース前にも関わらず、SNS総フォロワー数は8万人を超えており将来性の高さを表しています。

以下、各SNSのフォロワー数です。

  • Twitter:約6万人
  • Discord:2.3万人

そしてフォロワー数だけでなく、SNS上のユーザーの盛り上がりにも注目したいポイントです。

たとえばTwitterでは、Sakuraを運営しているNFTプロジェクト、Azuki ArtによるNFT Giveway企画がおこなわれています。

プレゼントされているのはAzuki ArtのNFTやSakura NFTのホワイトリストで、次のように高い注目を集めているツイートもあります。

Sakura

  • コメント数:3,152
  • リツイート:2,399
  • いいね数:2,370

SAKURAの公式Twitterアカウントは、SAKトークンを保有するであろうユーザーによって大きな盛り上がりをみせています。

つまりSAKURAは、既に抱えているTwitterフォロワーの高い拡散性によって、理想的なスタートができるプロジェクトです。

またSAKURAのDiscordのオンラインユーザー数は、参加ユーザー数の10%を超えています。

人気NFTゲームのThe SandboxやSTEPNのオンラインユーザー数は5~10%程度なので、SAKURAユーザーがアクティブだと理解できます。

つまりSAKURAのフォロワーはキャピタルゲインを狙った投資家だけでなく、プレイを目的としたユーザーによって支持されているプロジェクトです。

そのためSAKトークンは短期的な価格高騰ではなく、長期的に手堅く価格を上げると期待できます。

SAKトークンの高い将来性⑥多様性に富んだ無限のメタバース空間

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)では、メタバース空間における多様性に富んだ自由な操作ができるため、より多くのユーザーによってプレイされるでしょう。

たとえばSAKURAと同じサンドボックスゲームであるマインクラフトは、以下のように数多くのユーザーによって支持されています。

  • Twitter:653万人
  • Instagram:718万人
  • Facebook:1,200万人

サンドボックスゲームはプレイヤーに明確な達成すべきストーリーやゴールが用意されていないため、提供された空間で自由に行動できます。

つまりマインクラフトはサンドボックスという世界観によって、いまでは世界を代表するゲームとなりました。

マインクラフト

そしてSAKURAはサンドボックスの要素にくわえて、成長市場といわれているメタバースの要素を取り込んでいるゲームです。

2021年に320億ドル規模だったメタバース市場は、2030年には10兆ドル規模と約300倍以上の成長が見込まれています。

そしてSAKURAのメタバースには宇宙都市や小惑星帯など、無限に探索可能な空間が準備されているため、多くのユーザーの需要を満たすでしょう。

以上のようにSAKURAは、すでに成功を収めているサンドボックスゲームの要素と成長市場のメタバースの要素を兼ね備えています。

SAKトークンは将来性ある要素を持ち合わせたゲームのトークンであるため、将来性が高く期待されています。

SAKトークンの高い将来性⑦史上最大レベルのP2Eゲームとしての「稼ぎやすさ」

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)はPlay To Earnゲームとしてのクオリティを追求した結果、市場最大レベルの稼ぎやすさを実現しました。

SAKURAにおけるSAKトークンの稼ぎ方には、次の5つの手段があります。

  1. Stake:ステーキングすることでSAKトークンが報酬としてもらえる
  2. Create:道具やツールを販売できる
  3. Explore:探索によって入手した武器や資源を販売できる
  4. Battle:プレイヤー同士のバトルで報酬が得られる
  5. Trade:NFTのトレード、Sakura Land NFTをレンタルして収益化できる

なおステーキングの収益シミュレーションは未公開ですが、SAKトークンのステーキングによってSakura NFTやSakura Land NFTが無料で入手できます。

なお、SAKトークンのステーキングは8月27日18:00(日本時間)から開始される予定です。

ステーキングへの参加を検討している方はこちらアクセスし、ページをブックマークしておきましょう。

また今後はSAKトークンだけでなく、以下3種類のNFTでステーキングに参加できる予定となっています。

  • AzukiArt NFT
  • SAKURA NFT
  • SAKURA Land NFT

プレイヤーの実プレイだけでなくステーキングによって収益を自動化できるため、鍵となるSAKトークンやNFTの需要は高まると考えられます。

\第2ラウンド開催中!残り僅か/
SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)のブロックチェーンゲームの3つの特徴

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)のBCGは以下のような、あらゆるPlay To Earn要素を兼ね備えるゲームに仕上がっています。

  • ボクセルエディターによる自由な創造
  • メタバースに無数に存在する星間探査
  • モンスター・プレイヤーとのバトル

収入に直結する内容なのでわかりやすく解説していきます。

SAKトークンの特徴①ボクセルエディターを使った自由な創造

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)のBCGでは自分の想像力を存分に活かし、家や城、そして工場などを自由に建設できます。

建物は初心者でも使いやすいボクセルエディターを使用して建設できるため、はじめて使う方でも直感的な操作ができます。

また建物はビジュアル的な要素だけではなく、収益を得るために機能をもたせることが可能です。

例えばキャラクターの武器や防具を制作できる装備工場を建設したとしましょう。

装備工場では鉱石や木材など、あらゆる材料を消費して武器や防具などを制作できます。

制作した装備によって効率的にモンスターを倒せるだけでなく、珍しい装備をほかのプレイヤーに販売してSAKトークンを得ることもできます。

ほかにも農場や車両工場など、あらゆる生産機能をもった建築物をつくれるのでSAKURAはユーザーの想像力が収入に活かせるBCGです。

SAKトークンの特徴②メタバースに無数に存在する星間探査

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKURA(サクラ/SAKトークン)のメタバースには、数えきれないほどの惑星が存在し探索を通してSAKトークンを稼げます。

公開されているSAKURAメタバースの一部は次のとおりです。

惑星名 特徴
Lost Civilization Planet 惑星の失われた文明の遺跡で古代の力を備えた機器を探索します
Warm ter 暖かく湿気の多い気候、緑豊かな外来植物、豊富な資源
Wate 世界の表面は海で覆われており、プレイヤーは海中の宝物を探索します
Sand 黄砂で覆われた不毛の惑星の地下洞窟は、しばしばモンスターがはびこり、ミネラルが豊富

さらにSAKURAメタバースの惑星を通じてSAKトークンを稼ぐ方法はこちらです。

  • 惑星探査チケットの販売
  • 惑星のモンスターとのバトルで勝利する
  • 洞窟を探索して宝石や鉱石を採掘する
  • 森や山を探索して採取する

SAKURAメタバース内に仮想会社を設立しているプレーヤーは、誰にも所有されていない惑星のビジネスライセンスを取得できます。

つまり、自分が所有する惑星の探索権利を他のプレーヤーに「惑星探査チケット」として販売できるのです。

ひと際目立つ魅力的な惑星を所有していれば放置していてもSAKトークンが稼げる、いわゆる不労所得が得られます。

SAKトークンの特徴③モンスター・プレイヤーとのバトル

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKURA(サクラ/SAKトークン)のメタバースでは、モンスターとバトルし勝利することで武器や装備、小道具などの戦利品を入手できます。

入手した戦利品はプレイヤー間で取引できるため、モンスターとのバトルを通してSAKトークンを稼ぐことが可能です。

またプレイヤー同士のバトルが開催されるバトルアリーナでは、参加してポイントを貯めることでSAKトークンを稼げます。

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

バトルアリーナでSAKトークンを稼ぐ手順はこちらの2つです。

  • プレイヤーは毎日最初の3つのバトルに勝つことでポイントを獲得できる
  • ウィークリー ポイント上位 100 名が報酬を獲得できる

より強力な武器やキャラクターが入手できれば、効率的にSAKトークンを稼ぐことが可能です。

SAKトークンはSAKURA(サクラ)で利用できる唯一の仮想通貨

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)はSAKURAメタバースにおけるメイントークンであり、あらゆる取引に使用できる唯一の仮想通貨です。

SAKトークンの発行枚数は10億枚であり、Ethereumブロックチェーン上で発行される通貨です。

8月18日におこなわれたプレセールでは、40万ドル相当のSAKトークンがわずか6分で完売しました。

次回のプレセールは8月24日18:00(日本時間)から開催されます。

内訳は以下のとおりです。

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

あらゆるユースケースがあるSAKトークンには、次のような用途があります。

  • SAKURA NFT・SAKURA Land NFTの購入
  • 惑星探査チケットの購入
  • レアアイテムの製造費
  • プレイヤー間における小道具・資源の取引費用
  • 仮想会社を設立するための登録費用
  • 土地のレンタル費

そしてSAKトークンの稼ぎ方がこちらになります。

  • SAKトークンをステーキングする
  • エコシステムで手数料配当を受ける
  • 建物を作成して販売する
  • 惑星の資源を採掘して販売する
  • モンスターやプレイヤーとのバトルに勝利する
  • NFTの販売
  • ミッションを成功させる
  • 仮想会社を設立して惑星探査チケットを販売する

運営はSAKトークンの希少性を継続的に高めるために、年間10%をバーン(焼却)するよう設計しています。

SAKトークン(SAKURA/サクラ)は収益をブーストするNFT

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)のNFTであるSakura NFTは、保有することで無料プレイヤーよりも多くの権利と恩恵を受けられます。

Sakura NFT保有者が得られるメリットはこちらです。

  • 特別なキャラクターの入手
  • 小惑星の探索権利
  • 特別なアイテムのエアドロップ入手権利
  • 新たなゲームへの優先参加権

SAKURAのプレイヤーは星間移民や金鉱掘り人、冒険家などキャラクターの特性を選択できます。

Sakura NFTを保有していれば、よりレア度が高いキャラクターを入手でき有利にゲームを進められます。

Sakura NFTの価格は0.05ETH、総供給数は2,222と限定されているため、需要の高まりによって価格高騰する可能性があります。

SAKトークンのNFT「Sakura Land NFT」は土地の保有証明書になる

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)のNFT、Sakura Land NFTはSAKURAメタバースの土地のデジタル証明となります。

メタバース内の土地として機能し、以下の権利やメリットがあります。

  • 土地に家を建設して貸し出す
  • 4つのSakura Land NFTを使用して仮想会社を設立
  • 16以上のSakura Land NFTを使用して街をつくる
  • エアドロップ特典を受けられる

土地の役割を担うSakura Land NFTを保有することで、SAKURAメタバースの経済活動に参加できます。

たとえば現実世界のように、Sakura Land NFTを使ってメタバース上の土地を貸し出し、SAKトークンで不動産収入が得られます。

Sakura Land NFTの価格は0.2ETH、総供給数は10,000と数量限定のNFTです。

\第2ラウンド開催中!残り僅か/
SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)のロードマップと今後の展望

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKURA(サクラ/SAKトークン)は、PHASE01~PHASE04までのロードマップを公開しています。

PHASE01

  • 初期の作成とNFTデザインは、テクノロジーとアートの優れた組み合わせを示すAIによって生成されたNFT シリーズをリード
  • AzukiArt NFT Mint and Sale – すでに約 70,000 人以上のメンバーのコミュニティ ベースが成功
  • マーケティングとグローバル プロモーションでは、30 以上の厳選されたプロジェクトと50以上のアルファグループと協力
  • ホワイトペーパーと公式ウェブサイトをリリース – 長期的な開発計画を詳細にリリースし続けています

PHASE02

  • SAKURAのエコシステムが作成
  • NFTステークプロセスを開始
  • キャラクターの種類、属性などSAKURAキャラクターをアップグレード
  • SAKトークンのスマートコントラクトを開発
  • 厳選されたパートナーとの戦略的パートナーシップ
  • SAKトークンのプレセール
  • サクラNFTミント&リベール

PHASE03

  • SAKURA Land NFTの販売
  • エディターのリリース
  • NFTマーケットプレイス(バーチャルカンパニー)リリース
  • 中央広場、コアビル、広告ブース、プレイヤーブロックなどを含むSAKURAの宇宙都市をリリース
  • インタラクション (チャット、体の動き) とリソース (宝石、鉱石、木材) システムのリリース

PHASE04

  • 惑星をテーマにした、よりクリエイティブなデザインを実現
  • コミュニティ創作活動
  • コンテストを開催してデザイナーやイノベーターにインスピレーションを与えます
  • テーマパークをリリース(他のプロジェクトと共同構築)ペットシステムをリリース
  • メタバース間探索

SAKトークン(SAKURA/サクラ)の運営企業・運営者情報

SAKトークン(SAKURA/サクラ)の運営企業の情報は以下のとおりです。

  • 住所:Area 2071, Emirates Towers, Downtown, Dubai, United Arab Emirates
  • 連絡先:INFO@SAKURAPLANET.IO

続いて運営者情報をご紹介します。

運営メンバー

Eric

SAKトークン(SAKURA/サクラ) 運営

インターネットとゲームの運用で 15 年の経験を持つ前向きなリーダー

Regina

SAKトークン(SAKURA/サクラ) 運営

グローバルマーケティングと運用で10年以上の経験を持つブロックチェーン愛好家

Robert

SAKトークン(SAKURA/サクラ) 運営

10 年以上のゲーム制作経験を持ち、バーチャル リアリティに真の信念を持って複数のプロジェクトに投資

Kensa

SAKトークン(SAKURA/サクラ) 運営

アートとデザインのリーダーであり、想像力に富み、多様なゲームとブロックチェーン プロジェクトで豊富な経験を持つ

Matt X

SAKトークン(SAKURA/サクラ) 運営

コーディングで 10 年以上の経験を持つシニア ソフトウェア エンジニアであり、いくつかのゲームやブロックチェーン プロジェクトのリード開発者

SAKURAの各種SNS一覧

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UC78_lWo9x526eG2ezrFKuTw

Twitter
https://twitter.com/SakuraMeta

Discord
https://discord.com/invite/sakurameta

Open sea(AzukiNFT)
https://opensea.io/collection/azukiart

SAKURAの提携先・パートナーシップ

SAKURA(サクラ/SAKトークン)と提携しているパートナー企業をご紹介します。

Atlas Capital

SAKトークン(SAKURA/サクラ) Atlas Capital

SAKトークン(SAKURA/サクラ)は、Web3.0のスタートアップ企業に出資するAtlas Capitalとパートナーシップを締結しています。

Atlas Capitalとの提携によりSAKURAプロジェクトの開発費が確保できるため、より確実な成長を遂げられるでしょう。

Atlas Capitalの公式サイト及びSNSはこちらです。

ABGA(アジアブロックチェーンゲーミング連盟)

SAKトークン ABGA

SAKトークン(SAKURA/サクラ)は、数々の有名企業によって設立された非営利団体ABGA(アジアブロックチェーンゲーミング連盟)とパートナーシップを締結しました。

ABGAの創設企業は20社を超えており、以下のような知名度が高い企業が名を連ねています。

  • Huobi Ventures
  • KuCoin
  • Polygon
  • Yield Guild Games
  • Media Publishares

ABGAは数々のBCGやNFTプロジェクトを支援しているため、SAKURAの開発に大きな弾みをつけてくれると考えられます。

TENSET

SAKトークン TENSET

SAKトークン(SAKURA/サクラ)は、仮想通貨と株式市場の橋渡しを担っているプロジェクト、TENSETのゴールドスポンサー枠になりました。

TENSETは世界最大級のエアドロッププールを有しており、独自トークン10setをロックすることで様々なプロジェクトトークンが配布されます。

そして10setは1,000万以上の口座数を誇るGate.ioに上場しており、2022年8月現在は約400円で推移している仮想通貨です。

つまり10setを保有しているユーザーにSAKトークンがエアドロップされる可能性があるため、ゴールドスポンサー枠の決定によって需要が高まる公算が高くなりました。

Lingose

SAKトークン(SAKURA/サクラ)は、ブロックチェーンゲームの成果の一元化を目指すLingoseと提携しました。

そして提携から間もない2022年9月1日、LingoseとSAKURAによるAMAがTelegram上で開催されました。

AMAの参加者のうち、25人には10,000のSAKトークンが配布されるプレゼント企画もおこなわれています。

さらにLingoseのTwitterフォロワーは11万人を超えているため、提携によってSAKURAの認知度は今後も伸び続けていくでしょう。

SAKトークン(SAKURA/サクラ)のプレセール情報詳細

SAKトークン

SAKトークン(SAKURA/サクラ)は2022年8月18日18:00(日本時間)から、以下の2回のラウンドに分けてプレセールをおこないます。

  • 第1ラウンド:2022年8月18日18:00(日本時間)~8月21日18:00 ※約6分で完売・終了
  • 第2ラウンド:2022年8月24日18:00(日本時間)~9月5日18:00

さらにSAKトークンのプレセールで共通している内容は次のとおりです。

  • 購入通貨:USDT(ERC-20規格)
  • 総発行枚数:各ラウンド合計で3,400,000USDTが購入可能
  • 購入後:自動でロック解除分のSAKトークンがウォレットに配布
    ※それ以降は申請することでウォレットに反映毎月5日(10/5が最初18:00 JST)

※本サイトからお申込みすれば条件達成でお得な特典がプレゼントされるので、以下から合わせてチェックしておいてください。

第1ラウンド(完売)

※第1ラウンドはおよそ6分で完売しました。

2022年8月18日18:00(日本時間)~21日18:00に開催されたSAKトークンのプレセール情報は次のとおりです。

  • 販売総額:400,000 USDT
  • 1SAKトークン価格:0.02USDT
  • 最低購入価格:500USDT
  • 購入上限:100,000USDT
  • ロックアップ:10%が最初に開放、以後10ヶ月かけて開放

特典

本サイト(日本KOL)を通じてSAKトークンを購入すると、以下の特典が得られます。

  • 2000ドル購入ごとにSakura Land NFTプレゼント(2022年9月16日の配布予定)
  • 購入額3%分追加のトークンプレゼント(ロックは90%)

※海外公式サイトでSAKトークンを購入しても適応されないのでご注意ください。

第2ラウンド

2022年8月24日18:00(日本時間)~9月5日18:00に開催されるSAKトークンのプレセール情報は次のとおりです。

  • 販売総額:3,000,000 USDT
  • 1SAKトークン価格:0.025USDT
  • 最低購入価格:500USDT
  • 購入上限:100,000USDT
  • ロックアップ:15%が最初に開放、以後10ヶ月かけて開放

特典

本サイトを通じてSAKトークンを購入すると、以下の特典が得られます。

  • 2500ドル購入ごとにSakura Land NFTプレゼント(2022年9月16日の配布予定)
  • 購入額3%分追加トークンプレゼント(ロックは85%)

※海外公式サイトでSAKトークンを購入しても適応されないのでご注意ください。

以下の画像のとおり、赤枠内にリンクが表示されていれば日本KOL特典が反映されます(詳細はすぐ下の購入方法をご参照ください)。

SAKトークン 特典

 

\SAK購入検討なら友だち登録必須/
SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)の購入方法

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)のプレセールでの購入方法について図解でわかりやすく解説していきます。

はじめに、その手順をおさらいしておきましょう。

  • USDTとETH(送金手数料)が入っているウォレット(メタマスクなど)を用意する
  • SAKトークン公式お申込みページでウォレットを接続
  • 購入手続きをおこなう

1つずつ解説していきます。

【重要※スマホから買えない!という方へ】

スマホからSAKトークンを購入する方はMetaMaskの「ブラウザ」の検索窓に「https://www.sakura-saktoken.com/apply/」をコピー&ペーストして検索してください。すると、公式サイトとメタマスクを接続して購入できます。

SAKトークン購入手順①ウォレット(メタマスク)を用意する

SAKトークンはUSDT(ERC-20規格)で購入できます。

まずは購入を希望するSAKトークン数に応じたUSDTを準備してウォレットに送金しておきましょう。

また送金手数料はETHでの支払いとなるので、購入金額に応じたETH(手数料)もあわせて準備しておいてください。

※ウォレットはMetaMask推奨

SAKトークン購入手順②公式お申込みページでウォレットを接続

SAKトークン(SAKURA/サクラ)のお申込みページをクリックするか、以下のボタンから公式お申し込みページへアクセスします。

\第2ラウンド開催中!残り僅か/
SAKトークン(SAKURA/サクラ)

表示された画面で「MetaMask」をクリックします。

※ERC-20トークンに対応したMetaMaskを推奨

MetaMaskが起動するので「次へ」をクリックしてウォレットを接続しましょう。

MetaMask

次に「接続」をクリックしてMetaMaskの接続は完了です。

MetaMask

続いてPRIVATE ROUND 1の「APPROVE」をクリックします。

するとMetaMaskが開くので下へスクロールして「確認」をクリック。

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

続いて「BUY」をクリック。

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

購入したいSAKトークンに応じてUSDTの希望金額を入力し「BUY」をクリックします。

※赤枠にリンクが表示されていれば購入特典が貰えます。

以下の画像のとおり、赤枠内にリンクが表示されていれば日本KOL特典が反映されます。

SAKトークン 特典

再度MetaMaskが開くので「確認」をクリック。

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

以上でSAKトークンの購入は完了です。

\第2ラウンド開催中!残り僅か/
SAKトークン(SAKURA/サクラ)

SAKトークン(SAKURA/サクラ)のよくある質問(Q&A)

SAKトークンプレセールに関するよくある質問です。

Q:SAKトークン購入者全員に3%の追加トークンが配布されるのですか?

A:はい、そのとおりです。

こちらのSAKURA最新情報LINEに登録し「ウォレットアドレス」をお送りください。

Q:スマホから購入したいのですが、ウォレット接続がうまくできません

A:スマホからSAKトークンを購入する方はMetaMaskの「ブラウザ」の検索窓に「https://www.sakura-saktoken.com/apply/」をコピー&ペーストして検索してください。すると、公式サイトとメタマスクを接続して購入できます。

Q:購入特典は1ラウンドと2ラウンドの購入額が2,000ドル以上でも貰えますか?

A:1ラウンドと2ラウンドの合計金額では購入特典を貰えません。

購入特典(Sakura Land NFTと購入額3%分の追加トークン)は、同じラウンド&同じアドレスからの購入時のみ反映されます。

また同じラウンドであれば複数回のお申込みであっても特典付与のUSDT枚数としてカウントされます。

Q:購入特典は海外運営公式サイトからSAKトークンを購入しても貰えますか?

A:もらえません。

購入特典のSakura Land NFTと購入額3%分の追加トークンは、日本KOL限定の購入特典なのでこちらのお申込みページからお手続きください。

Q:購入特典のSakura Land NFTと購入額3%分の追加トークンはいつ反映されますか?

A:以下、ご確認ください。

  • Sakura Land NFT:2022年9月16日の配布予定です。
  • 購入額3%分の追加トークン:トークンの枚数が購入枚数に自動で3%上乗せされるため、ロック分を考慮して枚数を確認してください。

Q:購入額3%分の追加トークンが反映されていないのですが、どうすればいいですか?

A:一部の方を対象に、購入時エラーにて特典が付与されていない現象が起こっています。

購入特典の追加トークンを入手できていない方は、こちらのSAKURA最新情報LINEまで「ウォレットアドレス」をお送りください。

Q:コントラクトアドレスはどこに記載されていますか?

A:コントラクトアドレスは以下のとおりです。

0xb269Ab3B20E09e6fd17C3ED5B4CECF3dEA1a5141

【※送金アドレスではありませんので送金しないでください】

SAKトークン(SAKURA/サクラ)まとめ

SAKトークン(SAKURA/サクラ)

本記事ではSAKトークン(SAKURA/サクラ)の特徴と将来性について徹底解説しました。

  • SAKURA(サクラ)は4,300万円の取引高を誇るNFTコレクション「AzukiArt」が運営しているブロックチェーンゲーム
  • SAKトークン(SAKURA/サクラ)は200倍もの成長が見込まれるメタバース市場で展開されるサンドボックスゲーム
  • パートナー提携しているAtlasCapitalによるサポートがあるため、SAKトークンは将来性が手堅いトークン

SAKトークンの稼ぎ方はユーザーの実プレイだけに留まらず、ステーキングや土地NFTのレンタルによって自動化できるため、多くのユーザーから期待されています。

またすでにAzukiArtやYahooなど数々のメディアによって周知されている認知度が高いプロジェクトです。

今後も投資家やプレイヤー問わず、新規参入者が増えてくると予想されます。

本サイトではSAKトークンに関する新たな情報を更新していきますので、今後の価格高騰が期待できるSAKトークンの情報を見逃さないようブックマークをお願い致します。

 

\プレセールは終了しました/
SAKトークン(SAKURA/サクラ)

 \SAK購入検討なら友だち登録必須/
SAKトークン(SAKURA/サクラ)

\最速サポート返信はこちら/
SAKトークン(SAKURA/サクラ)

当サイトは「インフィニティエンジェル(ING)日本KOL公認サイト」「MUTEKI仮想通貨取引システム」も応援しております。